(自戒)不得意分野を捨てる割り切りも大切

不得意分野を捨てる割り切りも大切

始めたら最後までやり通せ、という精神論はよくききますが。これは本当に正しいのでしょうか?

 

無理に苦手を伸ばそうとしなくていい

一度始めたものは最後までやる。確かにこれは自分の可能性を広げていく上で時には必要なことでしょう。

 

この考え方を根っから否定するわけではありません。

 

ただ苦手を伸ばす為の努力に対しては無理にこれを適用することもないと思います。

 

苦手なものは伸ばそうとしてもそれに伴う苦痛が大きい為に、得られる効果が低いです。その為長くは続かないという問題点を抱えています。

 

だから私は苦手を克服するための労力を捨てて、得意分野をひたすら伸ばす努力の仕方を奨めています。

 

不得意分野より得意分野を伸ばせ

今の世の中、技術が発達・多様化し、各方面で求められる能力のハードルが格段に上がりました。その分クオリティを維持するために仕事において分業制がしかれることが多くなりました。

 

そういった動きからこれからの世の中で必要とされるのは間違いなく、ジェネラリストよりもスペシャリストです。

 

つまり色々な分野でそこそこの成績な人よりも、一つの能力に特化した人材の方が重宝されやすいということです。

 

難関大学や有名企業が求める人材もそういった傾向があります。

 

極端なことを言えば、国語・算数・理科・社会のうち、国語、理科、社会は0点だけど算数は100点とれるみたいな。

 

そういう人の方が今の社会では必要とされています。あなたの能力をレーダーチャートにしたらどうなりますか?理想は円より鋭角です。

関連ページ

ブルーインパルスのパイロットの仕事内容
ブルーインパルスとは何なのか。そしてその仕事内容や歴史について解説しています。
ブルーインパルスの事故の年表
華麗なアクロバット飛行を披露してくれるブルーインパルスですが、操縦者にとっては常に危険がつきものです。過去にあった事故例をいくつか紹介しています。
ブルーインパルスの動画集【スモークの成分は?】
ブルーインパルスの動画の紹介、そしてスモークの仕組みについて解説しています。
ブルーインパルスの目的は?戦闘機との違い
1964年に東京オリンピックの開会式で上空に五輪を描いた「ブルーインパルス」。その目的や戦闘機との違いを解説しています。
(自戒)自分の得意分野を見極める
人間それぞれ生まれ育った環境が違います。私は「才能」というものの正体の大半は「自分が育ってきた環境」にあると思っています。
(自戒)何故努力ができないのか
努力をしない人には2種類います。一つは努力する必要がない人。もう一つは努力が苦手な人です。それぞれについて見ていきましょう。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成