ドクターヘリの費用は?

ドクターヘリの費用は?

ドクターヘリを呼ぶうえでの費用を気にされる方が多いようです。

 

ドクターヘリの費用のほとんどは国負担

ドクターヘリの費用について気にされる方がいますが、基本的にはドクターヘリを使うことになったとしてもその費用は国や自治体の負担なので患者やその家族にふりかかることはありません。

 

最初のほうは費用の負担は国と自治体で半々だったのですがそれでは財政難の自治体ではドクターヘリの導入が難しいということで、国の負担が9割で、残りが自治体ということになりました。

 

ドクターヘリの維持費は年額2億1000万ほどということなので、自治体の負担は2000万ほどになりますね。

 

ただしドクターヘリというのは救急車と違ってこちらから搬送を要請することはできません。あくまで緊急を要する傷病者に限るようです。

 

ただ「基本的には」といったように一部例外もあるようで、ネット上の声を見ていると料金を請求されたという人もいるようです。

 

それにドクターヘリでの搬送費用は基本的にはかかりませんが、搬送中の医療費については患者さんに請求されることになります。

 

▼患者の緊急搬送のため小学校のグラウンドに着陸するドクターヘリ▼

関連ページ

ドクターヘリと救急車の違い
救急車とドクターヘリは双方ともに怪我や病気の患者を緊急搬送する役割を持つわけですが、この両者の決定的な違い、ドクターヘリの利点などはどんなものなのでしょうか。
ドクターヘリのパイロットになるには
人命救助への大きな貢献がこれからも期待されるドクターヘリ。そんなドクターヘリパイロットにはどうしたらなれるのでしょうか。
ヘリコプターのパイロットになるには
ヘリコプターのパイロットになる方法を紹介しています。どのような資格や手順が必要になるのでしょうか。そして就職率などはどうなっているのでしょうか。
ヘリコプターパイロットの免許取得費用
現在若手のヘリパイロットの人手不足が深刻化しています。その理由としてヘリパイロットの免許取得費用が高すぎるというものがあります。
ヘリコプターパイロットの給料は?
ドクターヘリや防災ヘリなど非常に重要な役割を担うヘリコプターパイロット。彼らの給料・収入はどれくらいなのでしょうか。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成