ヘリコプターのパイロットになるには

ヘリコプターのパイロットになるには

ヘリコプターのパイロットになる方法を紹介しています。どのような資格や手順が必要になるのでしょうか。そして就職率などはどうなっているのでしょうか。

 

ヘリコプターパイロットの需用

ヘリコプターパイロットの活躍の場は多いです。

 

  • ドクターヘリ
  • 警察航空隊
  • 消防防災ヘリ
  • 海上保安庁ヘリ

 

などなど。官公庁は人命救助を行うドクターヘリや災害時の救助を行う防災ヘリなどを有しています。

 

このように今やヘリは私たちの生命のや生活環境の治安を守るために欠かせないものになっています。

 

 

ヘリコプターパイロットの不足問題

ですが現在ヘリコプターの有資格者の不足が問題になっています。

 

ヘリパイロットの年齢は50代以上がほとんどで、将来を支える若手がほとんどいないのです・・・。

 

航空大学校は減りパイロットの育成を現在していませんので、パイロットの補充は民間のスクールがやるしかありません。

 

ヘリコプターパイロットになるには

ヘリコプターのパイロットになるにはまず自家用ライセンスを取得する必要があります。

 

そしてその後一部の警察や消防がおこなっている内部選抜や採用試験に合格すればプロの減りパイロットとなれます。

 

上記のように人手不足の業界ですから、資格を取得すれば就職率は80%ともいわれています。

関連ページ

ドクターヘリと救急車の違い
救急車とドクターヘリは双方ともに怪我や病気の患者を緊急搬送する役割を持つわけですが、この両者の決定的な違い、ドクターヘリの利点などはどんなものなのでしょうか。
ドクターヘリのパイロットになるには
人命救助への大きな貢献がこれからも期待されるドクターヘリ。そんなドクターヘリパイロットにはどうしたらなれるのでしょうか。
ドクターヘリの費用は?
ドクターヘリを呼ぶうえでの費用を気にされる方が多いようです。
ヘリコプターパイロットの免許取得費用
現在若手のヘリパイロットの人手不足が深刻化しています。その理由としてヘリパイロットの免許取得費用が高すぎるというものがあります。
ヘリコプターパイロットの給料は?
ドクターヘリや防災ヘリなど非常に重要な役割を担うヘリコプターパイロット。彼らの給料・収入はどれくらいなのでしょうか。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成