ヘリコプターパイロットの免許取得費用

ヘリコプターパイロットの免許取得費用

現在若手のヘリパイロットの人手不足が深刻化しています。その理由としてヘリパイロットの免許取得費用が高すぎるというものがあります。

 

パイロットの人手不足の原因

ヘリコプターパイロットは現在人手不足の状態です。2011年の調査ではヘリパイロットの477人のうち半数以上が50歳以上。

 

今のままでは50代の主力世代が退職するころには、パイロットが全く足りなくなることが問題視されているのです。

 

免許取得費用が高すぎる

だからヘリパイロットの免許が取得できた場合には、就職率も高くその後も安泰の可能性が高いのですが、この免許はそう簡単に取得できるものではありません。

 

免許取得費用が高すぎるのです。その額なんと1300万。家1軒買えるレベルです。

 

1300万の内訳に関しては以下のようなものが挙げられます。

 

  • 自家用操縦士取得費
  • 事業用操縦士取得費
  • 航空無線従事者資格取得費

 

これら資格取得のためにとにかく飛ぶ必要がある。そして飛ぶにはとにかくお金がかかるというわけです。このご時世よほどの覚悟と信念でもなければこんな大金を免許取得のために出せる人はいません。

 

大手航空会社は対策に乗り出す

対策として大手ヘリ事業会社の中日本航空は10年務めた者に関しては免許取得費用の1300万のうち1000万を補助することにきめたそうです。

関連ページ

ドクターヘリと救急車の違い
救急車とドクターヘリは双方ともに怪我や病気の患者を緊急搬送する役割を持つわけですが、この両者の決定的な違い、ドクターヘリの利点などはどんなものなのでしょうか。
ドクターヘリのパイロットになるには
人命救助への大きな貢献がこれからも期待されるドクターヘリ。そんなドクターヘリパイロットにはどうしたらなれるのでしょうか。
ドクターヘリの費用は?
ドクターヘリを呼ぶうえでの費用を気にされる方が多いようです。
ヘリコプターのパイロットになるには
ヘリコプターのパイロットになる方法を紹介しています。どのような資格や手順が必要になるのでしょうか。そして就職率などはどうなっているのでしょうか。
ヘリコプターパイロットの給料は?
ドクターヘリや防災ヘリなど非常に重要な役割を担うヘリコプターパイロット。彼らの給料・収入はどれくらいなのでしょうか。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成