airdo(エアドゥ)パイロットの採用情報

airdo(エアドゥ)パイロットの採用情報

航空会社AIRDO(エアドゥ)のパイロットの採用情報について調べてまとめました。

 

Airdo(エアドゥ)採用パイロットの応募資格は?

airdoパイロットの応募資格は下記のようになっています。応募資格Aと応募資格Bの2タイプがあるようですね。

 

応募資格A

  • 4年制大学・短期大学・高等専門学校・航空大学校を卒業した人。
  • 実用英語技能検定2級程度の英語力を持っている人。
  • JCABの事業用操縦士技能証明(飛行機、陸上多発)と計器飛行証明(飛行機)の資格を持っている人。
  • 航空無線通信士またはそれと同等以上の無線従事資格を持っている人。

 

応募資格B

  • 高卒以上の人
  • 実用英語技能検定2級程度の英語力を持っている人。
  • 1500時間以上の飛行経験(飛行機)を持っている人。

 

ざっと見た感じだと新卒の採用ではなく、中途採用限定って感じですかね。

 

AIRDOの歴史

エアドゥは一時期経営不振が度重なり、2002年には債務超過に陥ってしまい、民事再生手続きを行いました。

 

申請後に再生スポンサーとして大手航空会社のANAが名乗りを上げて整備や販売システムの提供を支援しました。

 

ANAの支援によりじょじょに業績も回復していき2005年には再生を完了したようですね。

 

ちなみにこのエアドゥはスカイマークとは対立関係にあるみたいです。経営方針の食い違いというのが大きいみたいですね。

関連ページ

ANAパイロットの採用情報は?
ANAの自社養成パイロットの採用情報について紹介しています。
jalパイロットの採用情報は?
JALは2014年から自社パイロットの養成を再開しましたね。JALパイロットとして採用されるにはどのような方法があるのでしょうか。
スカイマークのパイロット採用情報は?
スカイマークも年によって異なりますが自社養成パイロットを募集しているようです。スカイマークの採用情報について紹介しています。
スターフライヤーのパイロット採用情報は?
スターフライヤーのパイロット採用情報を調べてまとめてみました。
ソラシドエアのパイロット採用情報は?
ソラシドエアのパイロットの採用情報について調べてみました。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成