ANAパイロットの採用情報は?

ANAパイロットの採用情報は?

ANAの自社養成パイロットの採用情報について紹介しています。

 

応募資格は?

・専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院を卒業または卒業見込みの人
・各眼の矯正視力が0.7以上であること。
・矯正レンズの屈折度が±8ジオプトリーを超えないこと。

 

大学の学歴は必要?

ANAのパイロットになる為には高学歴である必要はありません。ただある程度の学力は必要だと思われます。とくに英語に関しては業務上で必要になるだけでなく、航空訓練はアメリカで行われます。教官の指導もコミュニケーションも全て英語なので最低でもTOEIC700点レベルの英語力は必要になります。

 

採用試験の内容は?

公表されている内容だと1次試験〜5次試験まであり、各内容は以下の通りです。

 

  • 一次試験:集団面接・心理適正T・航空適性検査
  • 二次試験:航空適性検査
  • 三次試験:個人面接・心理適正U・身体検査
  • 四次試験:航空身体検査U
  • 五次試験:役員面接・英語コミュニケーション能力テスト

 

倍率は?

ANAの自社養成の倍率は日本の航空会社でも屈指の高さとなります。なんと100倍とかなりの難関。

 

再受験はできる?

航空身体検査で不合格ならば再受験はできませんが、そうでなければ可能です。身体検査で再受験できないのは、身体検査で落ちた人が再度合格することがほぼないからだそうです。

関連ページ

airdo(エアドゥ)パイロットの採用情報
航空会社AIRDO(エアドゥ)のパイロットの採用情報について調べてまとめました。
jalパイロットの採用情報は?
JALは2014年から自社パイロットの養成を再開しましたね。JALパイロットとして採用されるにはどのような方法があるのでしょうか。
スカイマークのパイロット採用情報は?
スカイマークも年によって異なりますが自社養成パイロットを募集しているようです。スカイマークの採用情報について紹介しています。
スターフライヤーのパイロット採用情報は?
スターフライヤーのパイロット採用情報を調べてまとめてみました。
ソラシドエアのパイロット採用情報は?
ソラシドエアのパイロットの採用情報について調べてみました。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成