自社養成パイロットの試験内容は?

自社養成パイロットの試験内容は?

自社養成パイロットの試験対策について解説しています。ANAやJALの自社養成パイロットになるにはどのような試験対策を行えばいいのでしょうか。

 

試験内容

自社養成パイロットに採用されるには厳しい試験に合格しなければいけません。なんたって倍率が100倍、200倍にもなる試験ですので運によるところもあります。

 

自社養成試験の項目は以下の通りです。

 

@筆記試験
A心理適性検査
B面接
C飛行適性検査
D航空身体検査
E英会話面接
F最終面接

 

この中で最初の筆記試験に関しては運ではなく確実に努力によるものだといえるでしょう。

 

逆にいえば自分の力では限界がある身体検査や面接官の運とは違い、努力さえすれば突破できるのが筆記試験ということです。

 

筆記試験で落ちるようでは門前払いに等しいので、ここだけは確実に受かるように対策をしておきましょう。

 

試験対策

では他の項目で対策ができないか、というとそんなことはありません。

 

身体検査に関しては対策できないじゃないかと思うかもしれませんが、これは試験以外でも各地方にある航空身体検査指定病院というところで自費で受けることが可能になっています。

 

この検査結果で自分の適性でない部分を知り、対策が可能になる部分もあるというわけです。

 

例えば血液。血液検査で落っこちる人は多いといいます。栄養バランスの偏った食事や不規則な生活をしていると血液にも反映されます。

 

なので試験に備えて油ものを控えたり、野菜をたくさん摂ったり、運動習慣をつけたりといった対策をする人も多いです。

関連ページ

自社養成パイロットの倍率は?
エアラインパイロットになる為の自社養成パイロットの倍率がとんでもなく高いという噂がありますが本当なのでしょうか。
自社養成パイロットの採用に学歴や出身大学は問われる?
自社養成パイロットとして採用される方の出身大学について気になったので調べてみました。
自社養成パイロットの訓練内容
自社養成パイロットの訓練内容について気になる人が多いみたいです。今回はANAの自社養成パイロットの訓練を例にどのような内容や期間なのか紹介したいと思います。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成