飛行機パイロットになる為の資格の種類

飛行機パイロットになる為の資格の種類

飛行機パイロットになるための資格の種類と取得方法について解説しています。

 

資格の種類

航空業務に携わるには国土交通大臣の資格(操縦士技能証明)が必要になります。資格の分類は大きく分けて以下の3種類があります。

 

  1. 自家用操縦士
  2. 事業用操縦士
  3. 定期運送用操縦士

 

どれも飛行機を操縦するための資格という共通点はありますが、業務の範囲が異なります。

 

自家用操縦士

スポーツとしてのグライダーの操縦や自家用飛行機を操縦を行うことができます。ただこの資格ではお金をもらって操縦士としてお仕事をすることはできません。

 

事業用操縦士

お金をもらいお仕事として操縦士をやりたいのなら事業用操縦士の資格が必要になります。

 

定期運送用操縦士

最も最上位の資格となります。機長として日本航空や全日本空輸等の定期便を運航します。

 

資格を取得するには

これらの資格は国家資格です。なので国が定めている学科試験と実地試験に合格する必要があります。

 

これら資格は独学でとれるようなものでもないので、環境が整っているフライトスクールに通って技術や知識を学ばなければいけません。

 

その他の方法としては以下のような道が考えられます。

 

  • 航空大学校に入学する。
  • 航空会社に入り自社パイロット養成枠に入る。
  • 自衛隊のパイロット訓練生になる。

関連ページ

パイロットの副操縦士になるまでの訓練内容とは
パイロットの訓練内容について気になるという方が多いようなので、ANAの自社養成パイロットが副操縦士になるまでの訓練を例に紹介したいと思います。
パイロットの副操縦士の仕事内容
エアラインパイロットの副操縦士の役割・仕事内容について解説しています。
パイロットの引退年齢は?定年退職はいつ?
パイロットは男ならだれもが一度は憧れたことがある職業なのではないでしょうか。ですが時の流れは残酷なもの。いずれは引退せねばなりません。エアラインや自衛隊パイロットの引退年齢について解説しています。
パイロットの機長になれる年齢
パイロットの機長は航空搭乗員の最高責任者です。多くの乗客の命を預かる仕事ですからそう簡単になれる役職ではありません。では大体何歳くらいの年齢で機長になれるのでしょうか。
パイロットの機長の仕事内容
パイロットの機長の役割・仕事内容について解説しています。
パイロットへの転職は可能?航空業界の中途採用について
社会人になってからパイロットへの夢が諦めきれず、目指したくなるという人いると思います。実際社会人からの航空業界への転職は可能なのでしょうか。中途採用を行っている会社はあるのでしょうか。
女性パイロットになるには
パイロットってあまり戦闘機にしろ旅客機にしろ女性がのっているイメージってありませんよね。女性がパイロットになることはできるのでしょうか。
旅客機パイロットになるには身体検査が必要?
パイロットになるための身体検査について解説しています。
旅客機パイロットになるのにかかる費用
パイロットになるにはどれくらいの費用がかかるのか?ということを気にされる方が多いようなので、学費、その他もろもろの経費について詳しくお話したいと思います。
航空会社パイロットとして採用されるには
パイロットの人材不足が加速する中、若手パイロットの採用が急がれますが簡単に補充できるようなものでもないようです。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成