パイロットに英語力が絶対に必要な理由

パイロットに英語力が絶対に必要な理由

パイロットには一定の英語力が必要不可欠といわれています。ですが英語力といってもどの程度のものが必要なのでしょうか。TOEIC満点レベル?日常会話ペラペラレベル?などなどパイロットと英語力に関する疑問にお答えしています。

 

必要な英語力とは

どこの航空会社でも募集要項に必要な英語力の基準を設けていると思います。そしてその基準は大体TOEIC○○点以上というものです。

 

大手航空会社のANAの場合は最低でもTOEIC650点以上が必要になります。なので学生時代から英語に関してはコツコツ勉強しておく必要があるでしょう。

 

※パイロットになるのに学歴は必要ありませんが、結果的にパイロットに高学歴の人が多いのはこういった事情があります。【関連記事:パイロットに学歴は必要?】

 

ただ初めから英語ペラペラである必要はありません。TOEIC満点とってたって実践経験をつまない英語力なんてたかが知れていますからね。

 

本当の英語力は訓練に入ってから自然に身につけていくものです。

 

英語が必要な理由

まず大前提として自社養成の場合訓練を行うのは海外であることがほとんどというのを知っておいてほしいと思います。

 

そして教官も日本人じゃありません。こちらの母国語関係なく英語で指導しますし、とのコミュニケーションも英語になります。

 

何より航空管制官とのやりとりは全て英語になりますので英語が理解できないのは論外になってしまうのです。

 

このやり取りの中で聞き間違い、理解ができなかったなんてことは許されません。聞き間違えは他機との衝突に繋がります。

 

関連ページ

パイロットになるには視力はどれくらい必要?
パイロットを目指す人の多くが気にする「視力」についてのお話です。パイロットになるにはどれほどの視力が必要なのか。裸眼じゃないと駄目なのか。そういった所を詳しくお話しています。
パイロットに必要な素質って?
パイロットというと戦闘機にしろ旅客機にしろ望んだ人全てがなれるわけではありません。毎年多くの採用希望者はいますが選ばれるのはごく一握りです。その一握りに選ばれるにはどのような「素質」が必要となるのでしょうか。
パイロットに鼻づまりがNGな理由
パイロットの身体検査において慢性的な鼻づまりの場合は合格できない可能性があります。
パイロットの脳波検査の対策
パイロットの航空身体検査の一つ「脳波検査」について解説しています。
パイロットの血液検査の基準
パイロットの身体検査において血液検査で引っ掛かってしまう人は結構多いです。パイロットと血圧の制限についてお話しています。
パイロットの身長制限について
パイロットの身長制限に関して解説しています。
戦闘機パイロットに運動神経は必要?
戦闘機パイロットに運動神経は必要なの?という疑問に思ったので調べてみました。
高卒でパイロットになるには
高卒でパイロットになりたい場合ですが、自衛隊のパイロットになりたいのか、エアラインのパイロットになりたいのかでアドバイスの仕方は大きく変わってきます。
事業用操縦士の取得方法
飛行機パイロットの資格の一つである「事業用操縦士」について詳しく解説しています。
定期運送用操縦士の業務範囲は?
パイロットの機長として業務にあたるのに必要な資格である「定期運送用操縦士」の業務範囲・飛行時間・学科試験などについて詳しく解説しています。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成