事業用操縦士の取得方法

事業用操縦士の取得方法

飛行機パイロットの資格の一つである「事業用操縦士」について詳しく解説しています。

 

事業用操縦士ってどんな資格?

事業用操縦士は航空業務を行う上で必要になる国家資格の一種です。

 

航空会社において「副操縦士」として働く場合には必ず必要になる資格で、自社養成パイロットでも訓練期間中に取得することが義務つけられています。

 

運転免許でいえば第二種運転免許に相当します。

 

※副操縦士の仕事内容
副操縦士の仕事は機長の補佐や管制官とのやりとり、機長業務の代行になります。機長業務にあたるには事業用操縦士の上の資格である「定期運送用操縦士」の資格が必要になりますが、機長の指揮・監督のもとでは事業用操縦士だけでも機長業務を代行することができます。【詳細記事:副操縦士の仕事内容

 

自社養成パイロット〜事業用操縦士取得まで

100倍とも200倍ともいわれる競争を生き残り自社養成パイロットの枠を勝ち取った場合であっても最初の1~2年ほどは地上での業務になります。

 

事業用操縦士の資格取得を目指すのはその後学科訓練を開始してからです。

 

学科試験を受けて合格したら、事業用操縦士の資格を取得するための実機での訓練にはいります。

 

関連ページ

パイロットになるには視力はどれくらい必要?
パイロットを目指す人の多くが気にする「視力」についてのお話です。パイロットになるにはどれほどの視力が必要なのか。裸眼じゃないと駄目なのか。そういった所を詳しくお話しています。
パイロットに必要な素質って?
パイロットというと戦闘機にしろ旅客機にしろ望んだ人全てがなれるわけではありません。毎年多くの採用希望者はいますが選ばれるのはごく一握りです。その一握りに選ばれるにはどのような「素質」が必要となるのでしょうか。
パイロットに英語力が絶対に必要な理由
パイロットには一定の英語力が必要不可欠といわれています。ですが英語力といってもどの程度のものが必要なのでしょうか。TOEIC満点レベル?日常会話ペラペラレベル?などなどパイロットと英語力に関する疑問にお答えしています。
パイロットに鼻づまりがNGな理由
パイロットの身体検査において慢性的な鼻づまりの場合は合格できない可能性があります。
パイロットの脳波検査の対策
パイロットの航空身体検査の一つ「脳波検査」について解説しています。
パイロットの血液検査の基準
パイロットの身体検査において血液検査で引っ掛かってしまう人は結構多いです。パイロットと血圧の制限についてお話しています。
パイロットの身長制限について
パイロットの身長制限に関して解説しています。
戦闘機パイロットに運動神経は必要?
戦闘機パイロットに運動神経は必要なの?という疑問に思ったので調べてみました。
高卒でパイロットになるには
高卒でパイロットになりたい場合ですが、自衛隊のパイロットになりたいのか、エアラインのパイロットになりたいのかでアドバイスの仕方は大きく変わってきます。
定期運送用操縦士の業務範囲は?
パイロットの機長として業務にあたるのに必要な資格である「定期運送用操縦士」の業務範囲・飛行時間・学科試験などについて詳しく解説しています。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成