ブルーインパルスの目的は?戦闘機との違い

ブルーインパルスの目的は?戦闘機との違い

1964年に東京オリンピックの開会式で上空に五輪を描いた「ブルーインパルス」。その目的や戦闘機との違いを解説しています。

 

ブルーインパルスの目的は?

ブルーインパルス(青い衝撃)というのはあくまで愛称であり、正式名称は「航空自衛隊戦技研究班」となっています。

 

アクロバット飛行やスモークを用いた描きものをすることによる自衛隊の広報活動も任務の一環ですが、本来の目的は別にあります。

 

「航空自衛隊戦技研究班」ですので戦技研究、すなわち戦闘機の戦術機動を研究する為に編成されているわけです。

 

研究した戦い方が他の部隊にもフィードバックされて実際の戦闘機の戦闘力を向上させます。

 

 

ブルーインパルスのパイロット

ブルーインパルスのパイロットにはF-15やF-2などの戦闘機のパイロットとして活躍している人の中から選抜されます。

 

そしてブルーインパルス配属後は1年にわたって先輩から指導を受けながら訓練をします。

 

もちろんあのような職人技ともいえるアクロバット飛行は一朝一夕で身につけられるものではありません。

 

厳しい訓練を終えて、展示飛行操縦士の資格を取得したら腫れて航空祭などでデビューというわけですね。

関連ページ

ブルーインパルスのパイロットの仕事内容
ブルーインパルスとは何なのか。そしてその仕事内容や歴史について解説しています。
ブルーインパルスの事故の年表
華麗なアクロバット飛行を披露してくれるブルーインパルスですが、操縦者にとっては常に危険がつきものです。過去にあった事故例をいくつか紹介しています。
ブルーインパルスの動画集【スモークの成分は?】
ブルーインパルスの動画の紹介、そしてスモークの仕組みについて解説しています。
(自戒)自分の得意分野を見極める
人間それぞれ生まれ育った環境が違います。私は「才能」というものの正体の大半は「自分が育ってきた環境」にあると思っています。
(自戒)何故努力ができないのか
努力をしない人には2種類います。一つは努力する必要がない人。もう一つは努力が苦手な人です。それぞれについて見ていきましょう。
(自戒)不得意分野を捨てる割り切りも大切
始めたら最後までやり通せ、という精神論はよくききますが。これは本当に正しいのでしょうか?

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成