パイロットの引退年齢は?定年退職はいつ?

パイロットの引退年齢は?定年退職はいつ?

パイロットは男ならだれもが一度は憧れたことがある職業なのではないでしょうか。ですが時の流れは残酷なもの。いずれは引退せねばなりません。エアラインや自衛隊パイロットの引退年齢について解説しています。

 

 

エアラインのパイロットの場合

エアラインのパイロットならば65歳くらいまで飛ぶ人は多いです。とくに最近と今後はパイロット不足問題が深刻化してきた影響で再雇用と定年退職の引き延ばしの傾向が強まってきましたね。

 

エアラインのパイロット不足は本当に深刻で、2030年には現職のベテラン機長が一斉に定年退職してしまうといわれています。

 

なので若手の育成に力を入れるとともに、規制を緩めるなどして少しでも人材が補充できるまでの時間稼ぎに躍起になっています。【関連記事:パイロット不足の理由や対策】

 

自衛隊のパイロットの場合

戦闘機乗りならば40歳くらいまでです。エアラインと違って60歳を超えてまで戦闘機に乗ることはありません。

 

やはり年齢的に衰えてきますので、40を超えるあたりには現役を退きます。ただ定年退職する年齢では全くないので、教官職につく傾向にあります。

 

中には30代であっても腰痛が治らずに戦闘機乗りから輸送機や救難機へと転換される人もいます。やはり体の健康がそのままパイロット生命に直結しています。

 

輸送機や救難機の場合は戦闘機ほどの加速度もGもなく、身体的負荷が少ないのでもう少し現役は長くなります。

関連ページ

パイロットの副操縦士になるまでの訓練内容とは
パイロットの訓練内容について気になるという方が多いようなので、ANAの自社養成パイロットが副操縦士になるまでの訓練を例に紹介したいと思います。
パイロットの副操縦士の仕事内容
エアラインパイロットの副操縦士の役割・仕事内容について解説しています。
パイロットの機長になれる年齢
パイロットの機長は航空搭乗員の最高責任者です。多くの乗客の命を預かる仕事ですからそう簡単になれる役職ではありません。では大体何歳くらいの年齢で機長になれるのでしょうか。
パイロットの機長の仕事内容
パイロットの機長の役割・仕事内容について解説しています。
パイロットへの転職は可能?航空業界の中途採用について
社会人になってからパイロットへの夢が諦めきれず、目指したくなるという人いると思います。実際社会人からの航空業界への転職は可能なのでしょうか。中途採用を行っている会社はあるのでしょうか。
女性パイロットになるには
パイロットってあまり戦闘機にしろ旅客機にしろ女性がのっているイメージってありませんよね。女性がパイロットになることはできるのでしょうか。
旅客機パイロットになるには身体検査が必要?
パイロットになるための身体検査について解説しています。
旅客機パイロットになるのにかかる費用
パイロットになるにはどれくらいの費用がかかるのか?ということを気にされる方が多いようなので、学費、その他もろもろの経費について詳しくお話したいと思います。
航空会社パイロットとして採用されるには
パイロットの人材不足が加速する中、若手パイロットの採用が急がれますが簡単に補充できるようなものでもないようです。
飛行機パイロットになる為の資格の種類
飛行機パイロットになるための資格の種類と取得方法について解説しています。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成