パイロットに鼻づまりがNGな理由

パイロットに鼻づまりがNGな理由

パイロットの身体検査において慢性的な鼻づまりの場合は合格できない可能性があります。

 

鼻づまりがNGな理由

慢性的な鼻づまりの場合は身体検査に通らない場合があります。

 

例えば、「鼻柱湾曲」という鼻の中が曲がっている人の場合、空気の通りが悪くなり慢性的な鼻づまりになりやすいです。

 

日常生活を送る上ではさして問題はないでしょう。ですが気圧変化が激しい飛行機に乗る上では頭痛などの合併症を引き起こす可能性があり問題になるのです。

 

ですが鼻柱湾曲は手術で軽減させることができますが、やるなら早めにしておいたほうがいいでしょう。

 

ちなみに視力が悪いのもレーシック手術で治すことができますが、航空自衛隊・航空会社・航空大学校いずれも手術での視力矯正は認められていませんので注意してください。一度でも手術をしてしまうと試験が受けられなくなります。

 

ただし鼻柱湾曲の人が全て検査をクリアできないかというとそういうわけでもありません。鼻柱湾曲が原因で検査に通らないというのはあくまで重度の場合にかぎります

 

軽度の鼻柱湾曲の場合には、空気の通りにそこまで支障が出るとも思えませんし、受験前に無理して手術を受けることもないかと思います。

 

それに条件付き合格というのもあります。例え鼻柱湾曲であっても、手術をするという条件で合格を出してもらえることもあるそうです。

関連ページ

パイロットになるには視力はどれくらい必要?
パイロットを目指す人の多くが気にする「視力」についてのお話です。パイロットになるにはどれほどの視力が必要なのか。裸眼じゃないと駄目なのか。そういった所を詳しくお話しています。
パイロットに必要な素質って?
パイロットというと戦闘機にしろ旅客機にしろ望んだ人全てがなれるわけではありません。毎年多くの採用希望者はいますが選ばれるのはごく一握りです。その一握りに選ばれるにはどのような「素質」が必要となるのでしょうか。
パイロットに英語力が絶対に必要な理由
パイロットには一定の英語力が必要不可欠といわれています。ですが英語力といってもどの程度のものが必要なのでしょうか。TOEIC満点レベル?日常会話ペラペラレベル?などなどパイロットと英語力に関する疑問にお答えしています。
パイロットの脳波検査の対策
パイロットの航空身体検査の一つ「脳波検査」について解説しています。
パイロットの血液検査の基準
パイロットの身体検査において血液検査で引っ掛かってしまう人は結構多いです。パイロットと血圧の制限についてお話しています。
パイロットの身長制限について
パイロットの身長制限に関して解説しています。
戦闘機パイロットに運動神経は必要?
戦闘機パイロットに運動神経は必要なの?という疑問に思ったので調べてみました。
高卒でパイロットになるには
高卒でパイロットになりたい場合ですが、自衛隊のパイロットになりたいのか、エアラインのパイロットになりたいのかでアドバイスの仕方は大きく変わってきます。
事業用操縦士の取得方法
飛行機パイロットの資格の一つである「事業用操縦士」について詳しく解説しています。
定期運送用操縦士の業務範囲は?
パイロットの機長として業務にあたるのに必要な資格である「定期運送用操縦士」の業務範囲・飛行時間・学科試験などについて詳しく解説しています。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成