航空自衛隊パイロットの階級は?

航空自衛隊パイロットの階級は?

航空自衛隊のパイロットの階級について解説しています。

 

航空自衛隊パイロットの階級は?

戦闘機のパイロットは何か特別な事情がない限り階級は少尉〜最高階級です。

 

ようは士官以上は確実というわけです。1機何億もする戦闘機を操縦するのですから、それなりの責任とそれに伴う地位というのも当然なわけです。

 

ですが実際に戦闘機に乗り実務を遂行するのは少尉〜大佐までとなります。航空自衛隊の場合は三等空尉〜二等空佐までとなります。

 

これより上の階級になれば現場に出るのではなく、育成や指揮といった教官職になることがほとんどだと思います。

 

肉体的な老いもあるので、身体的負荷が大きいパイロットをいつまでも続けられないという事情もありますね。

 

ちなみに航空自衛隊のパイロットの階級は以下のようになっています。

  1. 空将
  2. 空将補
  3. 1等空佐
  4. 2等空佐
  5. 3等空佐
  6. 1等空尉
  7. 2等空尉
  8. 3等空尉
  9. 准空尉
  10. 空曹長
  11. 1等空曹
  12. 2等空曹
  13. 3等空曹
  14. 空士長
  15. 1等空士
  16. 2等空士

 

航空学生として自衛隊に入隊した段階では、当然一番下の2等空士に任用されることになります。そしてそこから基礎教育を受けて飛行幹部候補生として三等海曹⇒三等空曹と昇任していくのです。約5年で曹長に、約6年で3等空尉になります。

関連ページ

女性は航空自衛隊のパイロットにはなれない?
女性でも航空自衛隊のパイロットになれるの?という疑問をお持ちの方が多いようです。航空自衛隊のパイロットといっても航空機や輸送機など様々ですが、女性がこういった飛行機に搭乗し操縦することはできるのでしょうか。
自衛隊のヘリコプターパイロットの免許
自衛隊のヘリコプターパイロットになる方法を紹介しています。
自衛隊の戦闘機一覧
自衛隊の戦闘機の一覧を紹介しています。
航空学生の偏差値や試験内容
航空自衛隊のパイロットになるための航空学生の試験の倍率はどれくらいなのでしょうか。その難易度や試験内容について気になったので調べてみました。
航空自衛隊のパイロットになる為の高校卒業後の進路
航空自衛隊のパイロットになるための高校卒業後の進路について解説しています。
航空自衛隊のパイロットの人数
航空自衛隊に所属するパイロットの人数が気になるという声があったので調べてみました。
航空自衛隊の輸送機c1の能力
航空自衛隊の主力輸送機である「C-1」の紹介です。
航空自衛隊の輸送機パイロットになるには
パイロットになるにはどうすればいいのか。進路や必要な能力、資格といった具体的な方法を紹介しています。
航空自衛隊パイロットに必要な視力
航空自衛隊のパイロットに必要とされる視力の基準や、現代の戦闘でのパイロットの目の役割について解説しています。
航空自衛隊パイロットの仕事内容は?
日本の航空自衛隊のパイロットは普段どのような仕事をしているのでしょうか。
航空自衛隊パイロットの給料・年収は?
航空自衛隊のパイロットの給料がどのくらいなのか気になったので調べてみました。空の戦士たちの月収や年収やいかに。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成