旅客機パイロットになるには身体検査が必要?

旅客機パイロットになるには身体検査が必要?

パイロットになるための身体検査について解説しています。

 

パイロットの身体検査の内容とは

航空法においてはパイロットは「第一種航空身体検査証明」を持たなければいけないことになっています。

 

この証明には有効期限があり、機長ならば半年、副操縦士ならば1年で更新が必要になります。そしてこの証明が取れないと飛べなくなってしまうのです。

 

身体検査の詳細は航空医学研究センターのHPでご覧になれます【身体検査:http://www.aeromedical.or.jp/check/index.htm】

 

身体検査は厳しい?

この身体検査の通過基準はそれなりに厳しくなっています。安全なフライトには健康なパイロットの体が欠かせませんからね。

 

例えば鼻柱湾曲が重度の場合は身体検査に通らない可能性があります。

 

鼻柱湾曲の場合空気の通りが悪くなりますので、鼻づまりの原因になりかねないからです。

 

日常生活を送る上では何の問題もないこの身体的特徴ですが、気圧変化が激しい飛行機に乗る上では頭痛などの合併症を引き起こす可能性もあるのでNGとされています。

 

検査対策/自費で受けることもできる

この身体検査は試験以外でも自費で受けることが可能になっています。各地方にある航空身体検査指定病院というところで受けることができます。

 

この検査結果を知ることによって対策が可能になる部分もあります。例えば上述した鼻柱湾曲は手術で治すことができます。

 

視力に関して

パイロットに必要な視力に関しては【パイロットになるには視力はどれくらい必要?】の記事で解説していますので参考にしてみてください。

関連ページ

パイロットの副操縦士になるまでの訓練内容とは
パイロットの訓練内容について気になるという方が多いようなので、ANAの自社養成パイロットが副操縦士になるまでの訓練を例に紹介したいと思います。
パイロットの副操縦士の仕事内容
エアラインパイロットの副操縦士の役割・仕事内容について解説しています。
パイロットの引退年齢は?定年退職はいつ?
パイロットは男ならだれもが一度は憧れたことがある職業なのではないでしょうか。ですが時の流れは残酷なもの。いずれは引退せねばなりません。エアラインや自衛隊パイロットの引退年齢について解説しています。
パイロットの機長になれる年齢
パイロットの機長は航空搭乗員の最高責任者です。多くの乗客の命を預かる仕事ですからそう簡単になれる役職ではありません。では大体何歳くらいの年齢で機長になれるのでしょうか。
パイロットの機長の仕事内容
パイロットの機長の役割・仕事内容について解説しています。
パイロットへの転職は可能?航空業界の中途採用について
社会人になってからパイロットへの夢が諦めきれず、目指したくなるという人いると思います。実際社会人からの航空業界への転職は可能なのでしょうか。中途採用を行っている会社はあるのでしょうか。
女性パイロットになるには
パイロットってあまり戦闘機にしろ旅客機にしろ女性がのっているイメージってありませんよね。女性がパイロットになることはできるのでしょうか。
旅客機パイロットになるのにかかる費用
パイロットになるにはどれくらいの費用がかかるのか?ということを気にされる方が多いようなので、学費、その他もろもろの経費について詳しくお話したいと思います。
航空会社パイロットとして採用されるには
パイロットの人材不足が加速する中、若手パイロットの採用が急がれますが簡単に補充できるようなものでもないようです。
飛行機パイロットになる為の資格の種類
飛行機パイロットになるための資格の種類と取得方法について解説しています。

 
トップ 旅客機 自衛隊 自社養成